1 法律相談

 法律相談は、初回無料です。

 2回目以降の法律相談は、30分ごとに5,000円(税抜)となります

 

2 弁護士費用  

 事件の種類や難易度、軽重等によって弁護士費用は増減します

 そのため、法律相談を受けて、ご相談内容をお聞きする必要があります 

  

 初回の法律相談は無料ですので、まずご相談ください

 法律相談により事件内容が分かりますので、正確な弁護士費用をお伝えできます

 なお、下記4に弁護士費用の目安を記載しましたので、併せてご参照ください  

 

 何か分からないことがあれば、事務所までお問い合わせください

 

3 弁護士費用の種類

 

 弁護士に支払う費用の種類としては、「着手金」「報酬金」「実費、日当」などがあります

 

 着手金

 着手金は、結果の成功、不成功に関係なく、その案件に対応するための弁護士費用です

 着手金は、原則的に返還されない費用です

 

 報酬金

 報酬金は、事件終了の段階で、成功の程度に応じてお支払いいただくものです

 

 実費、日当

 事件処理のために必要となる費用です。印紙代や予納郵券等があります

 遠方の事件であれば、交通費、宿泊費、日当等がかかります

 

4 弁護士費用の目安

 弁護士費用は、「経済的利益」の金額を基準に定めます

 経済的利益とは、請求額、請求されている額や土地の価格等のことを言います

 下記記載では、消費税を考慮しておりませんのでご注意ください

  

(1) 一般民事事件

  

 ア 訴訟

  着手金の最低価格は、金10万円です

 

  経済的利益が300万円以下の場合は、着手金8%、報酬16%

  経済的利益が300万円~3000万円の場合は、着手金5%+9万円、報酬10%+18万円

  経済的利益が3000万円~3億円の場合は、3%+69万円、報酬6%+138万円

  ただし、事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

 

 イ 民事調停等の訴訟以外の手段

  事情による変動が激しいため、まず法律相談を受けてください 

 

(2) 離婚事件

  着手金の最低価格は、金20万円です

 

 ア 調停

  事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

  着手金は、金20~50万円、報酬は、10万円~50万円の範囲内で協議します

 

 イ 訴訟

  事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

  着手金は、金30~60万円、報酬は、金10万円~60万円の範囲内で協議します

 

 ウ 裁判外の交渉

  事情による変動が激しいため、まず法律相談を受けてください

 

(3) 刑事事件

  着手金の最低価格は、金20万円です

 

 ア 起訴前弁護

  事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

  事案簡明な事件であれば、着手金20万円、報酬金10万円

  上記以外は、着手金20万円~50万円、報酬10万円~50万円の範囲内で協議します

  なお、起訴されても追加着手金は不要です

 

 イ 起訴後弁護

  事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

  事案簡明な事件であれば、着手金20万円、報酬金10万円

  上記以外は、着手金20万円~50万円、報酬10万円~50万円の範囲内で協議します

 

(4) 債務整理

 

 ア 任意整理

  債権者数(社) × 金3万円

  ただし、事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

 

 イ 破産申立(個人)

  同時廃止 着手金 金20万円

  ただし、事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

 

  管財事件 着手金 金30万円

  ただし、事案の複雑さや事件処理に要する手数の繁閑等により増減します

 

 ウ 破産申立(会社)

  事情による変動が激しいため、まず法律相談を受けてください 

 

(5) 上記以外の事件

  上記以外の事件は、事情による変動が激しいため、まず法律相談を受けてください